上映 MOVIES

SUB MENU

あの頃。

4月16日(金)~4月29日(木)上映

©2020『あの頃。』製作委員会

日時

4月16日(金)~4月29日(木)上映

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

04.16

  • あの頃。

    13:20—15:19

    【予告2分】
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

04.17

  • あの頃。

    13:20—15:19

    【予告2分】
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

04.18

04.19

  • あの頃。

    13:20—15:19

    【予告2分】
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

04.20

  • あの頃。

    13:20—15:19

    【予告2分】
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

04.21

  • あの頃。

    13:20—15:19

    【予告2分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

04.22

  • あの頃。

    13:20—15:23

    【予告6分】
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

詳細 DETAIL

松坂桃李×ハロヲタ!?
ハロー!プロジェクトにすべてを捧げた
男たちの笑いと涙の青春の日々。

センセーショナルな内容が注目を集めた『娼年』(2018年/三浦大輔監督)、衝撃のバイオレンスで日本中を熱狂させた『孤狼の血』(2018年/白石和彌監督)、権力とメディアの裏側に切り込み話題を呼んだ『新聞記者』(2019年/藤井道人監督)――。2009年の役者デビューから、11年経った今も尚、攻めた作品選びで果敢な役柄に次々と挑み続ける俳優・松坂桃李。若手実力派俳優の中でも群を抜いた貫録を放っている松坂が、今回演じるのは「ハロー!プロジェクト」に青春を捧げるアイドルオタク役。同じ趣味を持つ仲間と出会い、遅れてきた青春を謳歌していく。

個性豊かなハロヲタ仲間を演じるのは、映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、そして本作が映画初出演となるお笑いコンビ「ロッチ」のコカドケンタロウ。彼らは、劇中でハロプロメンバーへの熱い想いを語ったり、ハロプロの楽曲をカバーし演奏するなど、強烈なキャラクターたちを熱演している。 メガホンをとるのは、いま映画界から最も熱い視線を集めている今泉力哉。リアルな恋愛模様を映し出し大ヒットを記録した『愛がなんだ』(2019)をはじめ、『アイネクライネナハトムジーク』(2019)、『mellow』(2020)、『his』(2020)、コメディードラマ「時効警察はじめました」など、新境地へ精力的に挑んでいる。脚本は、これまで『南瓜とマヨネーズ』(2017)などで監督・脚本を手掛けてきた俊英・冨永昌敬。日本映画界を牽引するクリエイターがタッグを組んだ。振り返ってみれば「どうかしていた」としか思えないほどバカバカしくて笑えるのに、ちょっぴり切ない、誰もが経験した「あの頃」の記憶を描く。

“推し” に出会って、”仲間” が出来た。
いくつになっても、何かに夢中になれる人生は最高で最強!!

「ハロー!プロジェクト」のアイドルたちがJ-POP界全体を席巻していた2000年代初頭。中でもモーニング娘。を愛してやまない“モーヲタ”たちが放っていた熱量は異様だったという。そんな当時のリアルな様子を描いた劔樹人の自伝的コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」の映画化が発表されると、アイドルファン界隈は騒然となった。劔は「まさか、こんな豪華な映画になるとは未だに信じられないし、登場する実在の友人たちは、今なお映画化は私が嘘をついてると思っています」と振り返る。映画化にあたり、グッズや衣装など多くの私物を提供したり、かつての仲間たちと共に時代考証をしたりと、劔は協力を惜しまなかったという。「私の人生で忘れることのできない大事なひと時と、自慢の友人たちを記録した大切な作品。映画の力で多くの方に伝わり、さらに愛するハロー!プロジェクトが、一層盛り上がるきっかけになれば、私のハロヲタ人生に思い残すことはありません」と思いの丈を叫ぶ。
何かに夢中になったことのある人なら、共感すること間違いなし!”推し“がいるだけで、世界は広がり、人生が楽しくなる。閉塞感漂う世の中だからこそ、「ヲタ活」を通して、自分らしさや幸せな生き方のヒントが見つかるのではないだろうか。

【STORY】

中学10年生の夏休みのような、
そんな毎日が永遠に続くような気がしていた――

大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もうまくいかず、どん底の生活を送っていた劔(つるぎ)。ある日、松浦亜弥の「♡桃色片想い♡」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。藤本美貴の魅力を熱く語るケチでプライドが高いコズミンをはじめとした個性的なオタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行うなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する劔。しかし時は流れ、仲間たちはハロプロのアイドルとおなじくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり…。

『あの頃。』(2020年/117分/カラー/ヨーロピアンビスタ/5.1ch/G)
監督:今泉力哉
出演:松坂桃李、仲野太賀、山中崇、若葉竜也、芹澤興人、コカドケンタロウ
脚本:冨永昌敬
音楽:長谷川白紙
原作:劔樹人「あの頃。 男子かしまし物語」(イースト・プレス刊)
製作幹事:日活、ファントム・フィルム
配給:ファントム・フィルム