上映 MOVIES

SUB MENU

国民の選択【東日本大震災から10年】

3月5日(金)公開

Ⓒ2021映画「国民の選択」製作委員会

日時

3月5日(金)公開

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

詳細 DETAIL

日本に原発は本当に必要なのか!?

我が国観測史上最大の被害をもたらした東日本大震災を原因とする福島第一原子力発電所の事故から2021年の3月でちょうど10年。日本国内はもちろん、世界でも最悪レベルの原発事故にも関わらず、今なお日本では原子力発電所の再稼働を試みる動きがある。あの悲劇が繰り返されないために自分達で学び、考え、発言していく足がかりになるべく、なぜ日本に多くの原発が出来たのか、日本の原発の歴史、原発の構造などを伝えることをテーマに本作品が企画された。
この難しいテーマに挑んだのは、日本大学芸術学部映画学科講師を務めながら、2014年に自身の体験をもとに共依存をテーマとした映画『共に歩く』で長編映画劇場デビュー後、2016年には「戦争放棄」「戦力不保持」「交戦権の否認」などの憲法9条をテーマにした映画『第九条』が話題となり、今なお各地の劇場で上映されている社会派監督、宮本正樹がメガホンをとった。
キャストには、主演にテレビ朝日「魔進戦隊キラメイジャー」(2020)のキラメイブルー役で注目を集める若手俳優、水石亜飛夢。テレビ朝日系「超人機メタルダー」(1987)の主人公である剣流星(メタルダー)役で知られ、今ではマルチに活躍している、妹尾青洸。日本テレビドラマ「俺のスカート、どこ行った」(2019)やAbemaTV「オオカミくんには騙されない」(2020)にも出演し、話題となった若手女優、松永有紗らが出演、他にも主に舞台で活躍する個性派俳優のみょんふぁ、南圭介が脇を固める。

【STORY】

20XX年、国会で原発に反対する議員たちから原発を禁止する憲法案が発議され、国会議員三分の二以上の賛成により、原発を禁止するかどうか、国民投票の実施が決定した。それを受けて町議会議員である高橋明(妹尾青洸)は、家族の皆に原発賛成に投票するように指示する。原発警備員として働いている明の息子の敦(水石亜飛夢)は、生活費を稼ぐために原発には賛成であった。しかし、敦の婚約者である直子(泉はる)との間に新たな命を授かる事が分かると、原発について疑問を抱くことに…。
原発を受け入れていた家族が、国民投票をきっかけに原発とどう向き合うのか!?

『国民の選択』(2021年/日本/75分/カラー/ステレオ/シネスコ)
監督・脚本:宮本正樹 
出演:水石亜飛夢、妹尾青洸、松永有紗、みょんふぁ、藤原啓児、泉はる、白石康介、犬飼直紀、南圭介、堀丞、石田直也 山崎将史、石本政晶、安住啓太郎、保里ゴメス、石井紀行、齋藤はるか、坂神志織、夏美沙和、白井絵莉、沓名環希、小山めぐみ、古谷久美子、本田結愛
プロデューサー:佐伯寛之
撮影:千葉史朗 田淵和春 
照明:加藤祐一
録音:木原広滋
企画・製作・配給:ディレクタースカンパニー
制作協力:トキメディアワークス
配給協力:ユナイテッドエンタテインメント