上映 MOVIES

SUB MENU

恋の墓

近日公開

©2020 アドバンス

日時

近日公開

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

現代社会の恋愛模様を、ロマンス、ホラー、コメディなどジャンルの垣根を越えて浮き彫りにした、
大恋愛ノスタルジックファンタジーの誕生!

今作は、一昨年「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2018」審査員特別賞受賞、また「富川国際ファンタスティック映画祭」にて公式上映された作品『温泉しかばね芸者』の監督である、日本のファンタジックコメディー映画界の奇才・鳴瀬聖人による初商業映画監督作品である。
他に類を観ない世界観・そして映像マジックが押し寄せてくる、がしかし、根本は列記とした清純な「ラブストーリー」であり、最後には必ず感動が待っている。
今作はまた異色なタッグでお贈りする。ヒロインに、国内外でも人気を誇る新星セクシー女優・小倉由菜。物語の主人公に、監督、俳優、音楽活動など、精力的に活動を展開し、今後日本映画界を担うであろう存在・アベラヒデノブ。さらにはプロデューサーに世界的な人気を誇る特殊造形界の巨匠・西村喜廣など。

【STORY】

『大好きだったあの子』あなたはちゃんとサヨナラできますか―?

カメラが趣味のお坊さん・堀川ユウタ(アベラヒデノブ)の唯一の楽しみは、毎日寺の前を通る名前も知らない看護学生の”あの子”(小倉由菜)をファインダーに収めること。夢中になってシャッターを切っていると、ユウタと一文字違いの幼馴染・ユウカ(架乃ゆら)と再会。思い出話に花が咲いたのも束の間、ユウカに突然キスを迫られる。動揺したユウタは、咄嗟に暴言を吐いてユウカを突き放してしまう。
その頃、”あの子”はマッチングアプリで知り合った男性と会っていた。それを偶然目撃したユウタはショックで落ち込むも諦めきれず、”あの子”に出逢うべくマッチングアプリを始める!
しかしその先には、とんでもない悲劇が待っていた…。またその裏で、恋に敗れたユウカが暴走をし始め…。

『恋の墓』(2020年/日本/117分/Blu-ray/カラー/ビスタ/ステレオ)
監督・脚本・編集:鳴瀬聖人
出演:小倉由菜、アベラヒデノブ、架乃ゆら、長野こうへい、里見瑤子、雅マサキ、杉浦哲平、ナカムラルビイ、辻凪子、川島直人、ひと:みちゃん、春園幸宏、能塚昌幸、松川千紘、上のしおり、しじみ、若林美保、豊岡んみ、安田ユウ、石川ゆうや(友情出演)、阪元裕吾(友情出演)、TAK∴(友情出演)
営業統括:鈴木祐介(ライツキューブ)
プロデューサー:角田陸(ライツキューブ)、西村喜廣(西村映造)
撮影監督 関口洋平
演出補:福谷孝宏
録音:浦川みさき
ヘアメイク:渡邊夏生
CG:若松みゆき
音楽:松石ゲル
主題歌担当:ひと:みちゃん
スチール:タイナカジュンペイ
車輌:津野励木
エキストラ協力:春園幸宏
主題歌:「恋の墓」(唄:小倉由菜&架乃ゆら)
製作:アドバンス
配給・企画:ライツキューブ
制作プロダクション:西村映造