上映 MOVIES

SUB MENU

第1回インド大映画祭IDEリベンジ上映

11月20日(金)~12月10日(木) 上映

日時

11月20日(金)~12月10日(木) 上映

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

12.06

12.07

  • 第1回インド大映画祭IDEリベンジ上映

    20:00—22:16

    【予告6分】上映作品:『セードゥ -Sethu』(タミル映画/130分)
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

12.08

  • 第1回インド大映画祭IDEリベンジ上映

    19:50—22:44

    【予告6分】上映作品:『Lingaa リンガー』(タミル映画/168分)
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

12.09

  • 第1回インド大映画祭IDEリベンジ上映

    20:00—21:46

    【予告6分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】
    上映作品:『眠り -Nidra』(マラヤーラム映画/100分)
    ※最後列は肘掛・背もたれのないハイチェアとなります。予めご了承ください。

    購入する

12.10

  • 第1回インド大映画祭IDEリベンジ上映

    20:00—22:26

    【予告6分】【最終日】上映作品:『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』(タミル映画/140分)
    ※最後列は布製ハイタイプのディレクターズチェアとなり、窓口販売のみとなります。予めご了承ください。

    購入する

詳細 DETAIL

【上映スケジュール】

11/20(金)  
12:50~15:16『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』
15:40~18:26『百発百中 -Ghilli』

11/21(土)  
10:15~12:59『24』 ※12:59~13:29上映後トークショー 
14:00~16:24『バーガマティ -Baagamathi』

11/22(日)  
12:50~15:06『セードゥ -Sethu』 
15:30~17:56『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』

11/23(月・祝)
12:50~15:44『Lingaa リンガー』 
16:05~17:51『眠り -Nidra』

11/24(火)  
17:10~19:34『バーガマティ -Baagamathi』 
20:00~22:46『百発百中 -Ghilli』

11/25(水)  
17:50~19:36『眠り -Nidra』 
20:00~22:44『24』

11/26(木)  
17:10~19:26『セードゥ -Sethu』 
19:50~22:44『Lingaa リンガー』 

11/27(金)  
17:30~19:54『バーガマティ -Baagamathi』 
20:20~22:46『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』

11/28(土)  
12:50~15:34『24』 
16:00~18:26『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』

11/29(日)  
12:50~15:36『百発百中 -Ghilli』 
16:00~18:24『バーガマティ -Baagamathi』

11/30(月)  
17:00~19:26『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』 
20:00~22:44『24』

12/1(火)  
17:10~19:26『セードゥ -Sethu』 
19:50~22:44『Lingaa リンガー』

12/2(水)  
17:50~19:36『眠り -Nidra』 
20:00~22:46『百発百中 -Ghilli』

12/3(木)  
17:20~19:36『セードゥ -Sethu』 
20:00~22:44『24』

12/4(金)  
20:00~22:46『百発百中 -Ghilli』

12/5(土)  
12:30~14:54『バーガマティ -Baagamathi』※時間変更あり

12/6(日)  
13:00~15:44『24』

12/7(月)  
20:00~22:16『セードゥ -Sethu』

12/8((火)  
19:50~22:44『Lingaa リンガー』

12/9(水)  
20:00~21:46『眠り -Nidra』 

12/10(木)  
20:00~22:26『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』

※上映スケジュールは急遽変更になる場合がございますので、ご了承ください。


インド映画同好会の
独断と偏見にまみれた7選!!リベンジ上映!!

上映後トークショー決定!

■11/21(土)『24』上映後
登壇者:インド映画同好会世話役(約20分)

※ゲストは予告なしで急遽変更になる場合がございますので、ご了承ください。


『ヴィクラムとヴェーダー -Vikram Vedha』(2017年/タミル映画/140分)
11月20日(金)・22日(日)・27日(金)・28日(土)・30日(月)・12月10日(木)上映

監督:プシュカル-ガーヤトリ
主演:ヴィジャイ・セードゥパティ、R・マーダヴァン

あらすじ:容疑者の逮捕より撲滅に血道を上げているヴィクラム(R・マーダヴァン)は有能な刑事。彼の標的ヴェーダー(ヴィジャイ・セードゥパティ)の自首により、数々の謎が浮かび上がる。善と悪とは?善と悪の境界線とは?
主演男優は『きっとうまくいく』のR・マーダヴァン。


『百発百中 -Ghilli』(2004年/タミル映画/160分)
11月20日(金)・24日(火)・29日(日)・12月2日(水)・4日(金)上映

監督:ダラニ
主演:ヴィジャイ、プラカーシュ・ラージ

ヴェール(ヴィジャイ)はカバディで全国制覇を目指すが、政治家の息子ムットゥパンディ(プラカーシュ・ラージ)に連れ去られる寸前のダナラクシュミ(トリシャー)を救った事により、2人して追われる身になった。痛快な娯楽作!


『24』(2016年/タミル映画/158分)
11月21日(土)・25日(水)・28日(土)・30日(月)・12月3日(木)・6日(日)上映

監督:ヴィクラム・クマール 
主演:スーリヤ、ニティヤー・メーナン

技師時計技師セードゥラーマンの大発明を双子の弟アートレーヤが奪おうとし、妻が殺された。彼は息子マニと共に逃げ、26年が過ぎた。成人したマニが見つけたのはタイムマシンと呼ぶべき腕時計だった。
セードゥラーマン・アートレーヤ・マニ3役をスーリヤが演じる。


『バーガマティ -Baagamathi』(2018年/テルグ映画/138分)
11月21日(土)・24日(火)・27日(金)・29日(日)・12月5日(土)上映

監督:G・Ashok 
主演:アヌシュカ・シェッティ

イースワル大臣の秘書だったチャンチャラ(アヌシュカ・シェッティ)は婚約者である社会運動家殺害の廉で拘置所に収監されていた。中央捜査局はイースワル大臣を失脚させる為に彼女をうち捨てられた館へ移送する。かつてこの館は女王バーガマティの住居だった。彼女が体験したものとは?
主演は、『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』『Lingaa リンガー』のアヌシュカ・シェッティ。


『Lingaa リンガー』(2014年/タミル映画/168分)
11月23日(祝)・26日(木)・12月1日(火)・8日(火)上映

監督:K・S・ラヴィクマール
主演:ラジニカーント、アヌシュカ・シェッティ、ソーナークシー・シンハ

ソーライユール村長と孫娘ラクシュミーは故人となった藩王の血縁を探す途中で、こそ泥リンガーと知り合った。故藩王とこそ泥リンガーの関係は? 笑いあり涙あり、豪華なダンス・歌満載の娯楽作品。興奮度1000%!マサラ度1000%!
主演は『ムトゥ 踊るマハラジャ』『ロボット』のラジニカーント。共演は、北インドから『ダバング 大胆不敵』のソーナークシー・シンハーと、南インドから『バーフバリ 伝説誕生』『バーフバリ 王の凱旋』『バーガマティ -Baagamathi』のアヌシュカ・シェッティのダブルヒロイン。


『眠り -Nidra』(2012年/マラヤーラム映画/100分)
11月23日(祝)・25日(水)・12月2日(水)・9日(水)上映

監督: シッダールト・バラタン
主演:シッダールト・バラタン

資産家の次男ラージュは宇宙科学者を目指していたが、念願の海外留学は実を結ばぬまま帰国した。子供時代から好きだったアシュワティと結婚し、新生活を始めたところ、不運の連鎖が彼と新妻を襲う。新妻が決断した驚愕の行動とは?美しい自然とカメラワークが印象的な良作。


『セードゥ -Sethu』(1999年/タミル映画/130分)
11月22日(日)・26日(木)・12月1日(火)・3日(木)・7日(月)上映

監督:バーラー
主演:ヴィクラム、アビタ

熱血漢で、事あるごとに腕力を振るう不良大学生チヤーンは寺院の娘に恋をしたが、自分の恋心を持てあまし、極端な行動に出てしまう。彼の気持ちが彼女に通じ始めた矢先に思いもよらぬ悲劇が彼を襲う…公開当時の問題作かつヒット作。
『神さまがくれた娘』『マッスル 踊る稲妻』のヴィクラムと、『Pithamagan』『Paradesi』のバーラー監督の出世作、各映画賞受賞。


主催:インド大映画祭実行委員会 協力:インド映画同好会