上映 MOVIES

SUB MENU

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷 

10月30日(金)公開

© 2020 Grudge Reboot, LLC. All Rights Reserved.

日時

10月30日(金)公開

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

サム・ライミが仕掛ける新たなる恐怖!
次々と起こる“怪異”、迫りくる“呪い”。
かつてない恐怖をまとった怨念が生まれる。

『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』の製作サム・ライミが新たなる恐怖を仕掛ける。主演は『ナンシー』、『オブリビオン』などに出演したアンドレア・ライズボロー、『明日を継ぐために』でアカデミー主演男優賞にノミネートされた実力派俳優デミアン・ビチルなど豪華キャストが出演。日本で生まれた恐怖がハリウッドの常識をくつがえす。

【STORY】

森林地帯で車に乗った状態の変死体が発見された。一報を受けて、マルドゥーン刑事(アンドレア・ライズボロー)は、グッドマン刑事(デミアン・ビチル)と共に現場にかけつける。道路が閉鎖されていたこともあり、死体は何ヶ月も放置され腐敗していた。遺された所持品から死体の住所が明らかになる。“レイバーン通り44番地”__そこは、2年前にグッドマン刑事が担当し、いまだに強烈な印象を残している「ランダース事件」の現場……。過去の事件と死体との関連性を疑ったマルドゥーン刑事は、単身でランダース事件の舞台となった屋敷を訪れる。そこで彼女はただならぬ存在の気配を感じるのだった……。

『ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷』(2020年/アメリカ/94分/R15+/原題:THE GRUDGE)
監督・脚本:ニコラス・ペッシェ
原案:ニコラス・ペッシェ、ジェフ・ブーラー
製作:サム・ライミ
出演:アンドレア・ライズボロー、デミアン・ビチル、ジョン・チョー、ベティ・ギルピン、リン・シェイ、ジャッキー・ウィーヴァー
配給:イオンエンターテイメント