上映 MOVIES

SUB MENU

あの群青の向こうへ

上映中~1月24日(金)まで

日時

上映中~1月24日(金)まで

料金

一般¥1,800/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

01.20

  • あの群青の向こうへ

    20:00—21:31

    【予告2分】【上映後トークショー】登壇者:廣賢一郎監督
    ※最後列は肘掛・背もたれのないハイチェアとなります。予めご了承ください。

    購入する

01.21

  • あの群青の向こうへ

    20:35—22:06

    【予告2分】【上映後トークショー】登壇者:品田誠,廣賢一郎監督
    ※最後列は肘掛・背もたれのないハイチェアとなります。予めご了承ください。

    購入する

01.22

  • あの群青の向こうへ

    20:35—22:06

    【予告2分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】【上映後トークショー】登壇者:手島実優,廣賢一郎監督
    ※最後列は肘掛・背もたれのないハイチェアとなります。予めご了承ください。

    購入する

01.23

  • あの群青の向こうへ

    21:00—22:31

    【予告2分】【上映後トークショー】登壇者:石原海監督、廣賢一郎監督
    ※最後列は肘掛・背もたれのないハイチェアとなります。予めご了承ください。

    購入する

詳細 DETAIL

国内の映画祭で多数の受賞、入選!
数々のアーティストのMVを手掛けてきた
廣賢一郎監督×若手実力派・芋生悠による、忘れられない痛みを背負った男女のロードムービー

上映後トークショー決定!
1/18(土)ひと:みちゃん、廣賢一郎監督
1/19(日)~20(月)廣賢一郎監督
1/21(火)品田誠(俳優・監督)、廣賢一郎監督
1/22(水)手島実優(女優・モデル)、廣賢一郎監督
1/23(木)石原海監督、廣賢一郎監督
1/24(金)中山優輝(現・輝山準)、廣賢一郎監督

第15回 SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 国内コンペティション部門 ノミネート
カナザワ映画祭 2018 「期待の新人監督」ノミネート
門真国際映画祭2018 最優秀主演女優賞受賞
Kisssh-Kissssssh映画祭2018 インディペンデント映画コンペティション部門ノミネート
第10回日本芸術センター映像グランプリ ノミネート
第15回JCF学生映画祭 ノミネート
第5回新人監督映画祭 フォアキャスト部門 ノミネート

大人と子供の中間地点、僕らは東京を目指した

忘れられない痛みを背負った男女が、何かその先にあるものを信じて東京を目指す、というロードムービーである本作は数々のアーティストのMVなどを多く手掛ける廣賢一郎監督が21歳の夏に手掛けた作品である。彼の信頼する仲間たちと2017年の夏を駆け抜けるように撮影し、ようやく完成へと辿り着いた。第15回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭では、全世界およそ98か国832作品の中から長編コンペティション部門にノミネートしたほか、国内数多くの映画祭において、受賞・入選を果たしている。

主演・ユキを演じるのは、CMや映画などで活躍する若手実力派の芋生悠。同じく、心に深い傷を負った青年カガリを演じるのは雑誌「Samurai ELO」の開催するコンテストで準グランプリに選ばれた中山優輝。また、数多くの媒体で幅広く活躍する人気モデル・女優の瀬戸かほをはじめ、数多くの実力派俳優たちが脇を固めている。「きっと、大丈夫。」忘れられない痛みを背負った彼らが、そんな希望を感じる瞬間を、目撃してほしい。

【STORY】

未来の自分自身から<ブルーメール>と呼ばれる手紙が届くようになった世界。青年カガリは些細なきっかけから家出少女のユキと出会い、2人はともに東京を目指すことになる。

『あの群青の向こうへ』(2018年/89分/日本)
監督・脚本・撮影:廣賢一郎
出演:芋生悠、中山優輝、瀬戸かほ、斎藤友香莉、合アレン、田口由紀子、ひと:みちゃん、大口彰子、フランキー岡村、鈴木ただし
配給:アルミード