上映 MOVIES

SUB MENU

ピータールー マンチェスターの悲劇

9月28日(土)~上映

© Amazon Content Services LLC, Film4 a division of Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2018.

日時

9月28日(土)~上映

料金

一般¥1,800/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

目と耳を疑う、けれどもすべてが真実。
アカデミー賞®7度ノミネート!カンヌ国際映画祭4冠受賞!!名匠マイク・リー監督最高傑作!

1819年、ナポレオン戦争後の英マンチェスター。非武装市民6万人に起きた悪夢。
「ガーディアン紙」創刊のきっかけとなり、現代民主主義の原点となった衝撃の事件の全貌が今明かされる!

【STORY】
ヨーロッパ諸国を巻き込んだナポレオン戦争も、1815年のウォータールーの戦いを最後に、ようやく終結。
だが、英国では勝利を喜ぶのも束の間、経済状況が悪化、労働者階級の人々は職を失い、貧しさにあえいでいた。彼らに選挙権はなく、あちこちで不満が爆発し、抗議活動が炸裂していた。
1819年8月16日、マンチェスターのセント・ピーターズ広場で大々的な集会が開かれ、著名な活動家であるヘンリー・ハントが演説することになる。
だがこれは、あくまで平和的に自分たちの権利を訴えるデモ行進になるはずだった。あろうことか、サーベルを振り上げた騎兵隊とライフルで武装した軍隊が、6万人の民衆の中へと突進するまでは──。
誰がいつどんな指示を出したのか、本当の目的は何だったのか、
どうして止められなかったのか、傷つけられ殺された者たちのその後は?そして政府の見解は──?

『ピータールー マンチェスターの悲劇』2018年/155分/G/イギリス)
監督・脚本:マイク・リー
出演:ロリー・キニア、マキシン・ピーク、デヴィッド・ムーアスト、ピアース・クイグリー