上映 MOVIES

SUB MENU

よこがお

9月21日(土)~10月4日(金)

(c)2019 YOKOGAO FILM PARTNERS & COMME DES CINEMAS

日時

9月21日(土)~10月4日(金)

料金

一般¥1,800/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳) ¥1,000/シニア¥1,200/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

09.23

  • よこがお

    16:30—18:23

    【予告2分】【上映後トークショー】登壇者:安里麻里(『アンダー・ユア・ベッド』監督)、深田晃司(本作監督)
    ※満席の場合は、当日券の販売はございません。最後列はハイチェアとなります。

    購入する

09.24

  • よこがお

    13:20—15:17

    【予告6分】
    ※満席の場合は、当日券の販売はございません。最後列はハイチェアとなります。

    購入する

09.25

  • よこがお

    16:00—17:57

    【予告6分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】
    ※満席の場合は、当日券の販売はございません。最後列はハイチェアとなります。

    購入する

09.26

  • よこがお

    12:20—14:17

    【予告6分】
    ※満席の場合は、当日券の販売はございません。最後列はハイチェアとなります。

    購入する

詳細 DETAIL

トークショー開催決定!!

■9月23日(月)16:30回上映後トークショー
登壇者:安里麻里(『アンダー・ユア・ベッド』監督)、深田晃司(本作監督)

狂っているのはこの世か、彼女か。

人生を奪われた女の哀しく危険な復讐。
美しくも残酷な、極上のヒューマン・サスペンス。

2016年『淵に立つ』で、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞、世界から注目を集めた若き鬼才・深田晃司監督。あれから2年、同作で毎日映画コンクール主演女優賞他、数々の映画賞を受賞した筒井真理子を主演に迎え、自身のオリジナル脚本による渾身の問題作を完成させた。“演技者としての天才的なセンスを持つ”と監督が絶賛する女優・筒井真理子が演じるのは、市子/リサという異なる横顔をもつヒロイン。彼女の運命を握る、怖ろしくも愛おしい“闖入者”、基子と和道を演じたのは、市川実日子と池松壮亮。人生に復讐するほど絶望し、それでも生きると決意した市子。逆境を受け入れ、しなやかな強さで歩み続けるヒロインの姿は、叫びたい全ての女性に希望を与えてくれるに違いない。

【STORY】
訪問看護師の市子は、その献身的な仕事ぶりで周囲から厚く信頼されていた。なかでも訪問先の大石家の長女・基子には、介護福祉士になるための勉強を見てやっていた。基子が市子に対して、密かに憧れ以上の感情を抱き始めていたとは思いもせず――。ある日、基子の妹・サキが行方不明になる。一週間後、無事保護されるが、逮捕された犯人は意外な人物だった。この事件との関与を疑われた市子は、ねじまげられた真実と予期せぬ裏切りにより、築き上げた生活のすべてが音を立てて崩れてゆく。すべてを失った市子は葛藤の末、自らの運命へ復讐するように、“リサ”となって、ある男の前に現れる。

『よこがお』(2019/111分/カラー/日本=フランス/5.1ch/ヨーロピアンビスタ)
脚本・監督:深田晃司
出演:筒井真理子、市川実日子、池松壮亮、須藤蓮、小川未祐、吹越満