上映 MOVIES

SUB MENU

いちごの唄

7月5日(金)公開

日時

7月5日(金)公開

料金

一般¥1,800/ユース(22歳以下)¥1,500/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000(土日祝¥1,300/ユース(22歳以下)会員はいつでも¥1,000)

詳細 DETAIL

全力、恋した時間は、永遠なんだ。

『雪の華』「ひよっこ」岡田惠和 × 銀杏BOYZ峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語。

親友といつでも一緒だった頃の無敵な気持ち、恋した時の喜びと切なさ。
青春のすべてがここにある。

数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家・岡田惠和と、銀杏BOYZ・峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語。主演は古舘佑太郎と石橋静河。共演は宮本信子、和久井映見、光石研と日本映画に欠かせない実力派俳優陣と、清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里など大ブレイク中の人気若手俳優も集結。監督は、岡田惠和と共作したドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」などの菅原伸太郎。あなたもいつか経験した最高の友情と、切ない恋の想い出が、豪華なキャスト・スタッフによってキラキラと輝く青春映画になった。

【Story】

恋をした。
七夕、親友の命日にだけ会える、僕たちの”女神”に。

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。たったひとりの親友・伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトの千日を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」毎年ふたりは七夕に会い、環七通りを散歩する。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる・・・。

『いちごの唄』(2019年/日本/114分/ビスタサイズ)
出演:古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、光石研、清原果耶
監督:菅原伸太郎
原作:岡田惠和、峯田和伸
脚本:岡田惠和