上映 MOVIES

SUB MENU

REDLINE -10thAnniversary-

2月26日(金)公開

©︎2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会

日時

2月26日(金)公開

料金

一般¥1,900/シニア(60歳以上)¥1,200/ユース(19歳~22歳)¥1,100/アンダー18(16歳~18歳)¥1,000/ジュニア(15歳以下)¥800/UPLINK会員¥1,100(土日祝¥1,300)ユース会員(22歳以下)はいつでも¥1,000

リンク

スケジュールとチケット SCHEDULE & TICKETS

03.02

03.03

  • REDLINE -10thAnniversary-

    13:30—15:14

    【予告2分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】
    ※最後列は肘掛・背もたれのないハイチェアとなります。予めご了承ください。

    購入する

    15:50—17:34

    【予告2分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】
    ※最後列は肘掛・背もたれのないハイチェアとなります。予めご了承ください。

    購入する

    18:15—19:59

    【予告2分】【水曜サービスデー 一律¥1,200】

    購入する

03.04

詳細 DETAIL

アップリンク渋谷・吉祥寺・京都3館同時オンライン舞台挨拶決定!

2月27日(土)17:55の回上映後
ゲスト:石井克人(原作・脚本・キャラ&メカ原案・音響監督)、木村大助(プロデューサー)

※劇場での登壇はございません。
※ゲストは予告なく変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。
※敬称略


遠い遠い未来 宇宙最速を決める 5年に一度の祭典

“REDLINE”10周年記念上映

2010年に劇場公開され、CG全盛の時代に背景までも手描きにこだわったアニメーションはコンピューターでは計算のできない「誤差」と「歪み」が刺激的な世界観を作り出し、今まで体験したことのない< 体感型>映画として多くのファンやカルト的人気を誇り、日本のみには留まらず、世界各国での劇場公開や約40の映画祭で上映を行ってきた。独創的なキャラクター達の表現には主演・木村拓哉を迎え、蒼井優、浅野忠信など俳優、声優クリエイターなど各界のトップアーティストの奇跡のコラボレーションが実現した作品である。


公開10周年記念 小池健、石井克人による描き下ろしイラスト

©︎2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会

©︎2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会


2010年に公開された本作は、当時約60館の劇場で公開され、興行収入1億という成績を残した。CG全盛の時代に背景までも手描きにこだわったアニメーションは、コンピューターでは計算できない手描きならではの「誤差」と「歪み」が刺激的な世界観を作り出し、今まで経験したことのない〈体感型〉映画となって誕生した。そして、ロカルノ国際映画祭で日本の最先端のアニメーション作品として、ヨーロッパ最大の巨大スクリーン「ピアッツァグランデ」でワールドプレミアされ、フランス・ナントのSFフェスティバル * UTOPIALESで観客賞を受賞した。これまでも様々な特別興業として上映を行って参りましたが、カルト的人気を誇る本作を劇場で見たいという声が多く集まり、10周年という節目にロードショーとして上映致します。

【STORY】

限界の先に何が見えるのか?

遠い未来。宇宙最速の称号をかけたカーレースの祭典「REDLINE」が、宇宙一危険な軍事国家ロボワールドで開催されようとしていた。勝つためなら武器搭載も許される何でもありのレースに、クラシックカーを改造した愛車トランザム20000で参戦し、自らの運転テクニックと加速装置だけで勝利を掴もうする男がいた。その名は、JP。恋と友情、そして裏切りのドラマが絡み合い、レーサーたちの熱きバトルが加速する!!

『REDLINE』-10thAnniversary-(2010年製作/102分/G)
監督:小池健
出演:木村拓哉、蒼井優、浅野忠信
原作・脚本:石井克人
脚本:榎戸洋司、櫻井圭記
音響効果:坂本典之
音楽:ジェイムス下地
アニメーション制作:マッドハウス
製作:東北新社