上映 MOVIES

SUB MENU

タイニー・ファニチャー

1月5日(土)~1月7日(月)、1月9日(水)~1月11日(金)

日時

1月5日(土)~1月7日(月)、1月9日(水)~1月11日(金)

料金

一般¥1,300/ユース(22歳以下)・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000

リンク

詳細 DETAIL

『GIRLS/ガールズ』のレナ・ダナムによる
テン年代の画期的なインティペンデント映画

監督・脚本・主演の三役を務めたレナ・ダナムは、大ヒット海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』の原点ともいえる『タイニー・ファニチャー』で、 SXSW 映画祭グランプリを獲得。ニ ューヨークのど真ん中を舞台に、こじらせ女子が大学卒業後の進路に悩む姿をリアルに描きだした。
本作で主人公オーラの母親と妹を演じているのは、実の母親の芸術家、ローリー・シモンズとグレース・ダナム。また、ダナム一家の本当の家を撮影に使用するなど、レナ・ダナムの自伝的要素が詰まっている。次世代を担う若手女性監督の才能と可能性が溢れたインディペンデント映画の重要作が、ついに日本公開!

【STORY】

ニューヨークのど真ん中。
職なし、夢なし、居場所なし。

大学卒業後、彼氏と別れニューヨークの実家に帰ってきたオーラ(レナ・ダナム)。未だ進路が決まっていない彼女は、アーティストである母親や才能ある妹に囲まれ家に居場所がない。そんななか、webに動画をアップして有名になったジェドと出会い、家に数日泊めることになったり、バイト先のイケメン料理人キースとデートの約束をこぎ着けたりするも、どれもオーラの思うようにいかない。やがて自堕落な生活が故に母親との衝突も大きくなり始め……。

『タイニー・ファニチャー』
監督・脚本・主演:レナ・ダナム
製作:カイル・マーティン、アリシア・ヴァン・クーヴェリング
撮影:ジョディ・リー・ライプス
音楽:テディ・ブランクス
出演:ローリー・シモンズ、グレース・ダナム、ジェマイマ・カーク、アレックス・カルボウスキー、デヴィッド・コール、メリット・ウェバー、エイミー・サイメッツ
配給・宣伝:グッチーズ・フリースクール
(2010|アメリカ|原題Tiny Furniture|カラー|シネマスコープ|99分)