上映 MOVIES

SUB MENU

『マイ・プレシャス・リスト』

上映終了

日時

上映終了

詳細 DETAIL

超天才だけど【コミュ】ゼロのキャリーが6つの課題をクリアした先で出会ったものは──
すべての女性の心を揺さぶる、『マイ・インターン』プロデューサーが贈る感動作!!

 世界中の女性を幸せに導いた映画『マイ・インターン』のプロデューサーが次に選んだヒロインは、ハーバード卒の超天才だけど【コミュ】はゼロの“屈折女子”キャリー・ピルビー。『マイ・プレシャス・リスト』は、社会に馴染めず心を閉ざしている主人公がセラピストから“幸せになるためのリスト”を渡され、そのリストを嫌々ながらもひとつひとつ実践することで成長していく姿を、あふれるユーモアとあたたかな感動で描いた物語だ。

CARRIE’S TO DO LIST


ペットを飼う
子供の頃好きだったことをする
デートに出かける
友達を作る
1番お気に入りの本を読む
誰かと大晦日を過ごす

【STORY】

ニューヨークのマンハッタンで暮らすキャリー(ベル・パウリー)はIQ185、ハーバード大学を飛び級で卒業した天才だが、友達も仕事も持たず、ほとんどの時間を家で過ごしている。1週間に17冊も本を読む文学女子にして【コミュ力】ゼロの”屈折女子”だ。話し相手は定期的に通っているセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)だけ。見かねた彼はキャリーにある提案をする。それは6つの課題が書かれたリストを大晦日までにクリアすることだった。なんてことないリストのように見えても、キャリーにとってはどれも難しい課題ばかり。「このリストをやり遂げれば幸せになれる」と言うペトロフに、キャリーは「何のために?」「それで問題はすべて解決するの?」と抵抗しながらも、ま
ずは金魚を2匹飼うことから始めてみる。人と関わり、ときに傷つき、打ち解けていくなかで、徐々に自分自身の変化に気づいていくキャリー。果たしてリストを全てクリアし、幸せを手にすることはできるのか──。

『マイ・プレシャス・リスト』(2016/アメリカ/英語/98分/カラー/ビスタ/原題:CARRIE PILBY 日本語字幕:中沢志乃) 
監督:スーザン・ジョンソン
原作:カレン・リスナー
脚本:カーラ・ホールデン
プロデューサー:スザンヌ・ファーウェル、スーザン・カートソニス、ブレント・エメリー
協力:ニューヨーク市観光局 
配給:松竹