上映 MOVIES

SUB MENU

『カフェ・ソサエティ』

詳細 DETAIL

ひとりの男と
ふたりのヴェロニカ

人生には“もしかして!?”があふれてる!
ウディ・アレンが紡ぐ、ビタースウィートで
ゴージャスな大人のおとぎ話

日本を含む世界中で大ヒットを記録したファンタジー『ミッドナイト・イン・パリ』で、観る者を1920年代ゴールデンエイジのパリへとタイムトリップさせたウディ・アレン監督が、”もうひとつの黄金時代”へ 誘うロマンティック・コメディを完成させた。それはカリスマ性あふれる銀幕のスターが次々と登場し、永遠に語り継がれる映画史上の名作がいくつも生み出された1930年代のハリウッド。スターのプール付き豪邸には、昼も夜もドレスアップした業界のセレブリティが集ってパーティーに興じ、最高級の酒を酌み交わしながらゴシップやビジネス談義に花を咲かせる。ハリウッドが本当に”夢の都”だった黄金期に思いを馳せたアレン監督が、めくるめく陶酔感と高揚感を今に甦らせると共に、近年の彼の作品では最もゴージャスで彩り豊かな仕上がりとなった話題作、それが『カフェ・ソサエティ』なのだ。

ゴールデン・エイジへようこそ!!
ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功をめざす人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働き始めたボビーは、彼の秘書ヴェロニカ”愛称ヴォニー”の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいたことに……。

『カフェ・ソサエティ』(96分)
監督:ウディ・アレン
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージー
Photo by Sabrina Lantos © 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.